So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
器のはなし ブログトップ
前の10件 | -

すっぴんと化粧(器バージョン)。 [器のはなし]

32824425_415294372279211_9181925439239618560_n(1).jpg
夫が珍しくインスタに器の説明を投稿していました。

写真のカップ・ピッチャー共に

向かって左側が「ラトン」(側面に2本の線が入っているもの)、

向かって右側が「ボタ」「下に丸みがあるもの)

のシリーズです。




この二つのシリーズはわりと価格に差がございます。



ラトンは側面を総削りにしてその線を出すため、とても手間が掛かります。

ボタも下側を膨らませてはいますが、総削りに比べると全然マシだそう。

その差=価格の差、という訳です。



おまけに使っている土が粗めの土なのね・・・。

細かい土を使えば手間は減るかわりに夫の出したい雰囲気が出せません、残念です。



釉薬も薄くしか掛けていないため

その粗い土独特の「ガリガリの削り跡」などは残せません。

徹底的に表面を滑らかにして、薄い釉薬であっても美しく見えるようにするのです。

釉薬が分厚いとガリガリが多少残っていても焼成後はわからなくなるらしく

そこまで徹底して滑らかに仕上げる必要がないそうですー。

そうするとだいぶ手間は省けるそうなのですが

本人は薄掛けにこだわっているのでしょうがないですねぇ。


削ったばかりの器たちはそりゃあもうガッタガタのゴッツゴツなんだぜー。

想像できないでしょう?

それを


「初めからこうだったわ。何かご用かしら?」


みたいに見せるため、ああだこうだやっている訳ですよ。

女子のスッピンと化粧後の違いみたいなモンです(めちゃわかりやすい例えや)




写真向かって一番右のピッチャーは次の個展に持って行く予定、たぶん!

定番化しようかなーとか思っているらしい。

・・・お好きにどうぞ。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
◇6月の予定

 個展:「日常と非日常の間」

 会期:6月23日(土)~30日(土)11:00~18:00(最終日17:00)

 会場:Style Hug Gallery 東京都渋谷区千駄ヶ谷3-59-8 

 在廊:6月23日(土)(もれなく丸顔もついてくる)




-utsuwa kobako- 池田(大介)くんの個展に行けんかった・・・心残り。ツマ。



共通テーマ:インテリア・雑貨

器のこだわっているところ。 [器のはなし]

無題.png



HPのAboutの「kobakoのうつわ:」という部分を大胆に(!!)書き換えました。

日本語おかしいなーと自分で思っています。

が、行き詰ってしまったので当分はこれで行く気まんまん。


夫は制作専門ですし、どちらかというと職人気質なのであまり詳細を言いたがらない。

私は買う側の立場として色々聞かせて欲しいなと思うタイプ。

何だかときめきませんか?作家のこだわりって♡

見ているだけの時よりも愛着も湧くし、共感できた時の嬉しさったら。



という訳で全ては無理だとしても

ある程度の説明をここでさせてもらいたいなーと思いました。

好きな作家物の服を買っていた頃と同じ気持ちがよみがえって

書いていてとても楽しかったですー。



細かい土を使えばそこまでの時間は掛からないけれど

味わいを出すために敢えて粗い土を使っているらしいよ!

一見無機質に見えたり時にはプロダクト製品と間違われることもあるけれど

どこか柔らかさがあるのはその影響かも知れんです。


今回の杜まつり以降、お客様にお渡しする取扱説明書にも

この部分を明記したものに変えて行きます。

それゆえ用紙サイズが倍になりました♡(やや嵩張るんだぜ♪)


よろしくどうぞ!



◇5月の予定

 ●5月19日(土)~20日(日) 10:00~16:00

 「ヘムスロイドの杜まつり」(出展作家はコチラ → 

  滋賀県東近江市平柳町568 ことうヘムスロイド村


 *全国135組の様々なジャンルの作家が集まるイベントです。
  我が家は工房を開放しての展示販売を行います。
  初日午前は入場規制を行います。すんません。



 ●5月26日(土)~27日(日)

  「東京豆皿市・箸置き市」

  オーヴァル京王閣


-utsuwa kobako- また杜まつりに一日近付いてしまいましたね・・・ヤバい♡ツマ。




共通テーマ:インテリア・雑貨

マメバルコに乗って(気球に乗ってのパクリ)。 [器のはなし]

「定番商品」とは、お店の方からご注文をお受けできる品のことです。

そしてこちらは今回定番商品ではなくなりました。

が、私がとても好きなマメザラです。

夫の豆皿の中では実は一番好きかも知れない。

26071560_473878696339920_3824246246227312640_n(1).jpg

私が撮影したので美しく見て頂くための写真ではなく、

形がわかればいいかなーという雰囲気丸出しの写真になっております。

・・・単に私の腕がないだけです♡


こちら、「マメバルコ」という豆皿です。

上から見ると何の変哲もない楕円形。

何度も言うが地味。


でも横から見てみると

26068164_140297680020736_6911182706655100928_n(1).jpg


段差がついているのは見えますか?

あ、これ撮影の角度間違ったね!?

これを90度まわして撮った方がわかりやすかったわ、ぜったい。


仕方がない、経験は人を大きくする。だって人間だもの by ツマを


(また単に「人間だもの」と「ツマを」が言いたかっただけ)




12797980_2127503930724218_1056448597_n(1).jpg
(何と素敵なこのバルコの脇役感!)



「バルコ」とは「小舟」の意味です。

そう、夫は小舟の形の豆皿をつくっていたんですね。

こういう「一見普通、でも実は・・・」みたいなのってわくわくしませんか?



「私だけが知っている」みたいな喜びに打ちひしがれたり!(日本語間違ってるが雰囲気で!)

自分だけの秘密にしておきたい、でも自慢もしたい・・・と葛藤したり!

マメバルコにのってデートしているところを妄想したり!!



まぁもう定番商品じゃないけどね!!


我ながらもっと早く言えばいいのに・・・。

個展も豆皿市も終わった直後になってからー、もうもうー。やんやんー。



こんなマメバルコ、今年もよろしくね!(あと4日・・・)




-utsuwa kobako- マメバルコがお好きなあなた様、気が合いますね。ツマを。



共通テーマ:インテリア・雑貨

コシキがたくさん筒小屋さんに♡ [器のはなし]

メリクリスマスですね。

夫がやっとインフルエンザから復活し本日出勤いたしました。

690A49DB-D551-4A89-BB13-3326FF44981A.jpeg

(先日は約束があったので無理矢理行って力尽きていた。でもこの写真は撮っていた)



でもまだまだ身体が思うように動かない様子でたいへんそう・・・

わたくしはアゴが二重になっているのが幸いしているのかまーーーーーったく移りませんでした。

感染しても勝手に流れて行ってくれたのかもしれません。



実はこの人生初の脂肪蓄え具合によって思わぬ嬉しいできごとが。。。



「寒さがマシである!!!!!」



これまで冬=タートルネックというくらいに首も寒くて寒くて耐えられなかったのに

今年はタートルはほどんど着用していない・・・♡

17A29B74-1914-4CFD-9DFD-61297B488104.jpeg

アイラブ脂肪、メリメリクリスマス脂肪。今日も食べる。




さて、広島の「筒小屋」さんに以前納品したものがオンラインにアップされました。

約2年前に頂いたご注文を現在作成する・・・という過去に生きている何の自慢にもならない我が家。

いかんよいかん、今を生き、未来を見つめて行かなきゃねぇー。

こういう生活は少なくとも2年先までは続くのだが(現在も納品はまた更に2年後だ・・・)。



最近はもう殆んど制作しなくなった「コシキ」のシリーズが筒小屋さんにはふんだんに揃っております。


筒小屋さん → 


P7094544lp.jpg

奥様が特にすごく気に入ってくださってたくさーーーーんご注文を下さいましたのです。

個展でもイベントでもほぼ出していないのでコシキに飢えていらしたそこのあなた様、

ぜひぜひご覧いただけると嬉しいです♡


P6296691ccc.jpg
(黒コシキは筒小屋さんからご注文を頂いた当時、既に廃番でしたのでサイトには掲載されておりません)



わたしはコシキ、見るのも使うのも好きですが作業はなぁぁぁぁーーーーーーーー。

正直なぁー・・・やりたくないかなぁー。


全面手削りしている夫も、指も手首もつりながら途方もない時間を費やす(なのでお値段もそれなり)

つまり、

最終の私がする仕上げ(サンドペーパーで表面を滑らかにする)も手間が掛かり、途端に力尽きます。



使用感はとても良いです。

何たって表面の適度な凹凸のお陰でちょっとやそっとじゃ滑らないからです。

御年配の あ・な・た でも安心よ♡


そしてコシキ、海外の方に大変好まれます。

日本な感じがするのか、海外にはまずないからなのか。

あのヨーロッパの方々の大興奮ったら!

プレゼントにもぜひ。メリメリクリスマス。


-utsuwa kobako- 写真を探したが黒コシキばかりで何の役にも立たず残念でした。ツマ。


可愛さを体感できるカップ、ボタS。 [器のはなし]

最近もっとも好きなもの。

ボタのSサイズ。


20838471_1885398045112194_1634277550534426624_n.jpg

8分目で約110~120ml程度です。



全く新しい器がまわって来ない我が家にしては珍しく、最近立て続けに使う機会に恵まれました。

本日初体験したボタSサイズ。


こちら癒しです!!!




見た目のぷっくり感から「可愛い」とお求め下さるお客様は大変多くいらっしゃいますが

ご使用になられたら想像を超えていてますます愛着が湧かれたのではないかしら?

ワタクシそれをやっと体験できました、嬉しさの極み!!




・口当たりが柔らかい。私の分厚い下くちびるをも優しく受け止めてくれる大らかさ。

・取っ手もややふくよか。

・そしてもちろん底の丸みも温かく。



私の全てを優しさで包み込んでくれる。

触れるところ全てが柔らか~い♡





まるで温泉にゆったりと浸かっているかのよう・・・。


17077203_336358286765595_8945097742787543040_n.jpg

「可愛さが体感できるカップ」



これを前面に出して生きることにする。



見た目に可愛いのはよくあるが、可愛さを全身で感じられるカップなんてそうそうない。

こんなん作った夫はちょっとばかしスゴイんじゃないのか(あくまでちょっとばかし)。

竹口要、やるな。




Sサイズは特に女性の手に合う大きさですから

お尻を撫で繰りまわしながら更に癒されましょう!


そう、ボタSに包まれ たゆたうのです。

眠くなる眠くなる、そっと目を閉じて・・・。

ここは羊水。ここは極楽浄土(キラキラキラキラ)。




冷めないうちに飲み切れるのもこの季節嬉しいですね。



Mサイズは少し大きめなのでスープにも合うと思います(夫案)。

コーンスープに木のスプーンを合わせてもとても可愛く益々ほっこり。

16585250_188598748326961_3872352143390277632_n(1).jpg

現在個展中のマディさんにはSサイズがまだあると聞いてますので

もしこれから来て下さる方にはぜひぜひお手に取って頂きたいと思います~。

個展は日曜日まで!



KANAME TAKEGUCHI EXHIBITION

ENCOUNTER Madu Aoyama 
10月7日(土)〜10月29日(日)
[OPEN] 11:00 〜 [CLOSE] 20:00

〒107-0062
東京都港区南青山5-8-1 セーヌアキラ1F
マディ青山店




-utsuwa kobako-
あれだけ可愛さを体感できるってことは毎日使ってたら自分も可愛くなれるんじゃないの。
一体どうなの。ブツブツ・・・。 


あ、男性方は奥様や彼女様にプレゼントなさっても良いのでは!!
毎日使うだけでこれだけ癒されたら優しくなるしかない!って感じ。
奥様(彼女様)はこれであなたの思い通りよ♡


え。もしかして私も夫の思うツボなのか、そうなのかツマ。




nice!(19)  コメント(6) 

フリスビーにはしちゃイヤよ♪ [器のはなし]



本日は週末の「ヘムスロイドの杜まつり」に向けて


周辺の整備や掃除などに村民と周辺の地域の方々で取り組む日。

昨夜3時過ぎに就寝しましたが6時半出発でした。 ←この時期あるある。


私は村民ではない(作家の家族扱い)ので、草刈りなどしなくて良いですが

イベント前につき家で寛ぐ状態にもあらず、一緒に行くのでございます。

夫婦って美しいわぁ~(棒)。

18380575_285453688547613_1742606229286420480_n.jpg


だが・・・。私がやりたい仕事が

18382589_122028125032029_7739466428134195200_n.jpg

こういう、生の状態(素焼き前)の物に机を阻まれ、できない。ってことがここ数日。

こちらは今回初めての形(大きさ)、夏に向けて冷たい飲み物でもいかがですか?



下の写真は、「ラトン蓋付きピッチャー」の焼き上がり前(手前3つ)と後です。

18380223_124791161416954_47986982403440640_n.jpg

意外と縮んでますよねぇ。

我が家の器は全て口当たりを良くするため、軽くするために薄作りになっています。

だからと言って脆いと意味がないので、主人が独自で土を調合しております。


ぎゅっと硬く焼き締めるための調合 = 焼くとこんな風に小さくなる


ということで、このくらいの差が出てくるようです~。




「割れにくい。ウチみたいに雑にガンガン洗っても本当にチップしにくい」


と、カフェやお店の方もよくおっしゃってくださいますが、それを意図して


「硬い子・強い子」


を夫が産んで産んで産みまくっておりまーす♪

なので恐れず じゃんじゃん 使ってくださいませ。



でもあくまで陶器ですので、


「お皿をフリスビーの代わりにし、飛ばして石の上に落とす」


などすれば間違いなくご臨終でございます、ご注意を!




■5月の予定

 ○5月20日(土)~21日(日)
  イベント「ヘムスロイドの杜まつり」
  
ことうヘムスロイド村(滋賀) (試作品やB品もお値打ち価格で出しますよ)




 ○5月27日(土)~28日(日)
  イベント「クラフトフェアまつもと」
  
あがたの森公園(長野) (周辺も連動してイベントが行われるのでこちらもおススメでございます)


-utsuwa kobako- 連日の更新。私はマメな子に生まれ変わりました。これからもずっと・・・ツマ。




オーバルプレートだよね。 [器のはなし]


「こいー、こいっ、こいっ、こいっ、こいっ」


さて、この「こい」は以下のどれでしょう。




①星野源 「恋」



②「はーるよ こい、はーやく こい」の「来い」



③「顔が濃い」など濃厚という意味の「濃い」







正解は






 

 

③番でーーーーーーす♪



こちらご覧くださいませ。見た瞬間、冒頭の言葉を発してしまったワタクシ。


15538563_424655484543909_8162454946545926144_n(1).jpg


何なの、このまっ茶っ茶具合ときたら・・・。

正確にはプレートの色は「ゴールド」なのですけれども。


こちらを夫がインスタグラムにアップしていて、濃厚過ぎてびっくりしました!!



こちらのオーバルプレート、全部で7サイズ。。。

独立当初から制作している形で、マイナーチェンジを繰り返しながら現在に至ります。



17076252_269667850135137_754824258705686528_n.jpg


裏側。高台が特長でございます。

手に取る時に横からすっと指を入れやすくしたい、そしてガタつきをなくしたい。

ということから、高台をつけることにしたそうな~。


が、この決断が後々夫を苦しめることになる・・・。


17077666_577592105782398_7095121424204955648_n.jpg


おわかりになりますでしょうか。

この微妙な高さ。

こちら、どうやってつけてるかというと


「手びねり」


なのでございます・・・


あぁ何でこんなことを・・・。


丸いプレートだったら轆轤をしゃしゃーーーと回しながら作れるものを、

オーバルの前において、轆轤は何の威力も発揮せず♪


言われてみれば

「円形じゃないもんな、そりゃそうだ!!」

となりますが、案外 第三者は気付かないところ。

私も聞いてから「あっ!」となりましたです。


指で土を、ちみちみちみちみやって高さを出してゆくしかないのです。

もちろん一発で出来あがる訳でもなく、とにかく「ちみちみ→整え」のエンドレス♪

今度出会ったら「ちみ→整えくん」とでも呼んでやってください(むかし「L→R」って居ませんでした?)。


16908169_336895793373748_544182453871312896_n(1).jpg


で、やっとこさ、この数ミリの高台の完成です。

ちなみにこちら「マメオーバル」という、オーバルの中でも一番小さいもの。

小さ過ぎても大き過ぎてもしんどいことは、雑用をする中で身に沁みていますから

夫に


「何でこのサイズを作ったーーーーー!!!」


と思わずケンカ腰で言っちゃったんだぜ・・・。



実物をご覧になったお客さまからはマメオーバルについて


「深さもあって、想像よりはるかにオーバルプレートしてた!!!」


と驚きのご感想を頂くこと何度か・・・。



ちなみにこの「k.t」ですが、漢字の「竹」にも見えるようにデザインしております。

って自分の手柄のように言ってみましたが、デザインしたのは夫です♪


現在、会期中の個展にてオーバルプレートは全サイズ出品しております。


■ 個展 「竹口 要 陶展」 13日まで(火・水休み)

 CAFE GALLERY hagi (名古屋)



■次の予定
 3月22日(水)~28日(火)

  企画展 「『工房からの風』から」


  伊勢丹新宿本店 (東京)

  
(こちらでは自然にまつわる展示となり、我が家はゴールド(果)とグレー(曇)の作品を出品します。
    こちらも在廊はナシです)




-utsuwa kobako- 調べたら「L⇔R」だったようです、記憶違いでごめんなさいツマ。





裏がいいんだよ。 [器のはなし]


以前、独身時代に夫の作品を買って

「こりゃすごい!!!」

と感動したプレートがあった・・・というお話をしたことがあったのですが。。。
その写真を撮りました。

が、これ、全然伝わらんと思うの・・・
元々夫の器は写真映えしにくい、という、このSNS全盛時代に逆行する作品。
更にワタクシ、あいホーンでしか撮影出来ず光とか調整がニガテ・・・。
しかも写真が縦にならへん・・・。

しかーーーーし。
諸君、人生失敗を恐れず常にチャレンジし続ける。これ大事。
さあ、ゆこう!!


まず、表面から。何の変哲もない。
15306706_153527491796856_6221640344530845696_n.jpg
直径15センチほどでしょうかね。
ここまではまぁいいのです。
ワタクシが感動したのは裏側でございます、おねえさん!おにいさんも!!


15539003_625390210966571_2574413215517638656_n.jpg
おぉなるほど、もうちょっとブラインドを下ろすと良いのね。


つ・・・伝わり辛いかと思いますが・・・
実物は本当に美しいのです。

丁寧な仕事と、
美しさへの拘りがデザインからも触り心地からも感じられ・・・
シンプルだからこそ、あらゆる要素が詰まった一枚。

何よりこれに人柄全てが凝縮されている。
パッと見に目につかないからといって手は抜かない。
むしろ、目につきにくい部分であるからこそ丁寧に。

手に取った瞬間にぎゅーーーーんと全てが感じ取られ
作家の全てがワタクシには見えてしまいました。


「彼は信頼に値するっ!!」
(なぜか上から目線。さすがの私もこれは本人には言ってない)






それを当時の夫に言うと

「あんまりそういうトコで感動する人はおらんな」

と言ってた・・・(がーん)。









ワタシ、服が好きなんです。
行きつけのセレクトショップで毎回8時間試着するほどに(試着だけでなくちゃんと買います・・・)
細部やライン、作家の拘りを見付けては感動。

物づくりには全く興味はありませんが、完成した美しいものを手にし
鳥肌が立つほどにときめき、
作家に思いを馳せることを常としておりましたので
完全にその延長でございます・・・

そして盛り上がるのはそこの店長さんとワタシだけで
一緒に行った友達は「ぽかーーーん・・・」やったなぁ。

昔からそうなので、いいの。。。
理解してもらえなくってもいいの・・・。

と、言いつつ「わかるよ、わかる」と言ってもらえやしないかと
少々期待に胸を膨らませつつ、アーメン。


■直近の予定
 
 2月某日~(不明)
 企画展 「コーヒー展」
 wad (大阪)
 (wadからのお話だが、wadでやるのか不明。
  だいたいwadの企画展は詳細を知らない)


 3月2日(木)~13日(月) ←たぶん
 個展 「kobakoの器」
 CAFE GALLERY hagi (名古屋)

 東海地方、初の個展となります♪ hagiさん、お庭がめちゃくちゃ綺麗で好き!!!


-utsuwa kobako- そのセレクトショップ、いつもお酒を出してくれるので飲んだくれていました。
              ワイン!ビール!シャンパン!そしてチーズにオリーブ!!ツマ。 

今日のおかず。 [器のはなし]


「じぃさんや、今日は食べるものがこれしかなくなったよ。
 これを二人で分けようかねぇ」

「そうじゃのぅ。仕方ないのぅ、これを食べるか ばぁさんよ」



15876877_387979921552688_9073074805997043712_n(1).jpg
左:コロン。右:オーバルプレートSS(良い子の皆は並べ方は気にしないでね♪)



さあ、本日のおかず。
これ一体何でしょうか。










これ・・・実は石。
一玉20キロの土の中に混入していた石たち!!!
お皿に置いたらおかずに見えませんかーーー?むふふー。

一応盛り付けとして、真ん中をこんもりさせているので石が少なめに見えるかな。
実際はこんな感じ。↓






15802775_1415237851833654_241929404635152384_n.jpg



先日から夫が買った土の中にこんなに沢山の石が混入しているため
たびたび仕事の手を取られるし、焼成してみたらB品の嵐(あーらしを おーこーして)。



そこでアテクシの出番。
土をスライスし、指で石の感触を探し当て、取り出す。
という、遣り甲斐があるかないんかわからん作業を繰り返しております♪
一玉につき2巡!!

これだけ見付けても、指で土を押さえた際に脇に逃げる石があって
本焼きがあがってきてから判明したりになるのでBが続出する訳ですが
やらんかったらあの写真の通りの石が紛れているので、やった方が多少はマシなのです。


しかも冬場の土は相当冷たく、めでたくシモヤケができました(土って凍るらしいよ!)。
陶芸家っていろいろと大変なのですね。と感心した冬。


-utsuwa kobako- それでも私は夫をこき使うつもりだ。ツマ。

麻木久仁子さんのインスタグラムに。 [器のはなし]

本日は写真をご覧頂くのにリンク先に行って頂く、というひと手間掛かる構成でございます。
ご面倒をお掛けして申し訳ございませぬ・・・。
でもステキなのでぜひぜひに♪

あ、その前に一枚。
↓ こちらの写真は、我が家の工房があるヘムスロイド村。紅葉してきました~。
14550073_1264474683573513_4809708573690953728_n.jpg
さて本題でございます。

麻木久仁子さんのインスタグラム。
ある日のpostに見覚えのある器が・・・。
それがこちらでした → 
ゴールドのオーバルプレート、サイズはMではないかしら。

今は「
♯竹口要」と入っていますが、見付けたときはナシ。
念の為本人に確認して貰うと

「オレのやなー」。

それ以降、カップのpostもあったり → 
ラトンのMサイズかな。こちらもゴールドでした。

またまたオーバルを使って頂いたり → 



麻木さんの盛り付け方や器遣い、
気取ってなくてさり気なくて、とてもステキだと思う!

さらに「薬膳料理」というのもとても興味があり、ずっと拝見していました。
夫のを使って下さる方を探していた訳ではなく、
好きでずっと見ていた方がたまたま使って下さった・・・これ、私にとって重要項目♪



皆様もよろしかったらぜひ。
麻木さんのインスタグラム → 





-utsuwa kobako- 麻木さんのインスタとと同じくらい「逃げ恥」を何度も観て悶絶しているツマ。


前の10件 | - 器のはなし ブログトップ