So-net無料ブログ作成
器のはなし ブログトップ
前の10件 | -

フリスビーにはしちゃイヤよ♪ [器のはなし]



本日は週末の「ヘムスロイドの杜まつり」に向けて


周辺の整備や掃除などに村民と周辺の地域の方々で取り組む日。

昨夜3時過ぎに就寝しましたが6時半出発でした。 ←この時期あるある。


私は村民ではない(作家の家族扱い)ので、草刈りなどしなくて良いですが

イベント前につき家で寛ぐ状態にもあらず、一緒に行くのでございます。

夫婦って美しいわぁ~(棒)。

18380575_285453688547613_1742606229286420480_n.jpg


だが・・・。私がやりたい仕事が

18382589_122028125032029_7739466428134195200_n.jpg

こういう、生の状態(素焼き前)の物に机を阻まれ、できない。ってことがここ数日。

こちらは今回初めての形(大きさ)、夏に向けて冷たい飲み物でもいかがですか?



下の写真は、「ラトン蓋付きピッチャー」の焼き上がり前(手前3つ)と後です。

18380223_124791161416954_47986982403440640_n.jpg

意外と縮んでますよねぇ。

我が家の器は全て口当たりを良くするため、軽くするために薄作りになっています。

だからと言って脆いと意味がないので、主人が独自で土を調合しております。


ぎゅっと硬く焼き締めるための調合 = 焼くとこんな風に小さくなる


ということで、このくらいの差が出てくるようです~。




「割れにくい。ウチみたいに雑にガンガン洗っても本当にチップしにくい」


と、カフェやお店の方もよくおっしゃってくださいますが、それを意図して


「硬い子・強い子」


を夫が産んで産んで産みまくっておりまーす♪

なので恐れず じゃんじゃん 使ってくださいませ。



でもあくまで陶器ですので、


「お皿をフリスビーの代わりにし、飛ばして石の上に落とす」


などすれば間違いなくご臨終でございます、ご注意を!




■5月の予定

 ○5月20日(土)~21日(日)
  イベント「ヘムスロイドの杜まつり」
  
ことうヘムスロイド村(滋賀) (試作品やB品もお値打ち価格で出しますよ)




 ○5月27日(土)~28日(日)
  イベント「クラフトフェアまつもと」
  
あがたの森公園(長野) (周辺も連動してイベントが行われるのでこちらもおススメでございます)


-utsuwa kobako- 連日の更新。私はマメな子に生まれ変わりました。これからもずっと・・・ツマ。




オーバルプレートだよね。 [器のはなし]


「こいー、こいっ、こいっ、こいっ、こいっ」


さて、この「こい」は以下のどれでしょう。




①星野源 「恋」



②「はーるよ こい、はーやく こい」の「来い」



③「顔が濃い」など濃厚という意味の「濃い」







正解は






 

 

③番でーーーーーーす♪



こちらご覧くださいませ。見た瞬間、冒頭の言葉を発してしまったワタクシ。


15538563_424655484543909_8162454946545926144_n(1).jpg


何なの、このまっ茶っ茶具合ときたら・・・。

正確にはプレートの色は「ゴールド」なのですけれども。


こちらを夫がインスタグラムにアップしていて、濃厚過ぎてびっくりしました!!



こちらのオーバルプレート、全部で7サイズ。。。

独立当初から制作している形で、マイナーチェンジを繰り返しながら現在に至ります。



17076252_269667850135137_754824258705686528_n.jpg


裏側。高台が特長でございます。

手に取る時に横からすっと指を入れやすくしたい、そしてガタつきをなくしたい。

ということから、高台をつけることにしたそうな~。


が、この決断が後々夫を苦しめることになる・・・。


17077666_577592105782398_7095121424204955648_n.jpg


おわかりになりますでしょうか。

この微妙な高さ。

こちら、どうやってつけてるかというと


「手びねり」


なのでございます・・・


あぁ何でこんなことを・・・。


丸いプレートだったら轆轤をしゃしゃーーーと回しながら作れるものを、

オーバルの前において、轆轤は何の威力も発揮せず♪


言われてみれば

「円形じゃないもんな、そりゃそうだ!!」

となりますが、案外 第三者は気付かないところ。

私も聞いてから「あっ!」となりましたです。


指で土を、ちみちみちみちみやって高さを出してゆくしかないのです。

もちろん一発で出来あがる訳でもなく、とにかく「ちみちみ→整え」のエンドレス♪

今度出会ったら「ちみ→整えくん」とでも呼んでやってください(むかし「L→R」って居ませんでした?)。


16908169_336895793373748_544182453871312896_n(1).jpg


で、やっとこさ、この数ミリの高台の完成です。

ちなみにこちら「マメオーバル」という、オーバルの中でも一番小さいもの。

小さ過ぎても大き過ぎてもしんどいことは、雑用をする中で身に沁みていますから

夫に


「何でこのサイズを作ったーーーーー!!!」


と思わずケンカ腰で言っちゃったんだぜ・・・。



実物をご覧になったお客さまからはマメオーバルについて


「深さもあって、想像よりはるかにオーバルプレートしてた!!!」


と驚きのご感想を頂くこと何度か・・・。



ちなみにこの「k.t」ですが、漢字の「竹」にも見えるようにデザインしております。

って自分の手柄のように言ってみましたが、デザインしたのは夫です♪


現在、会期中の個展にてオーバルプレートは全サイズ出品しております。


■ 個展 「竹口 要 陶展」 13日まで(火・水休み)

 CAFE GALLERY hagi (名古屋)



■次の予定
 3月22日(水)~28日(火)

  企画展 「『工房からの風』から」


  伊勢丹新宿本店 (東京)

  
(こちらでは自然にまつわる展示となり、我が家はゴールド(果)とグレー(曇)の作品を出品します。
    こちらも在廊はナシです)




-utsuwa kobako- 調べたら「L⇔R」だったようです、記憶違いでごめんなさいツマ。





裏がいいんだよ。 [器のはなし]


以前、独身時代に夫の作品を買って

「こりゃすごい!!!」

と感動したプレートがあった・・・というお話をしたことがあったのですが。。。
その写真を撮りました。

が、これ、全然伝わらんと思うの・・・
元々夫の器は写真映えしにくい、という、このSNS全盛時代に逆行する作品。
更にワタクシ、あいホーンでしか撮影出来ず光とか調整がニガテ・・・。
しかも写真が縦にならへん・・・。

しかーーーーし。
諸君、人生失敗を恐れず常にチャレンジし続ける。これ大事。
さあ、ゆこう!!


まず、表面から。何の変哲もない。
15306706_153527491796856_6221640344530845696_n.jpg
直径15センチほどでしょうかね。
ここまではまぁいいのです。
ワタクシが感動したのは裏側でございます、おねえさん!おにいさんも!!


15539003_625390210966571_2574413215517638656_n.jpg
おぉなるほど、もうちょっとブラインドを下ろすと良いのね。


つ・・・伝わり辛いかと思いますが・・・
実物は本当に美しいのです。

丁寧な仕事と、
美しさへの拘りがデザインからも触り心地からも感じられ・・・
シンプルだからこそ、あらゆる要素が詰まった一枚。

何よりこれに人柄全てが凝縮されている。
パッと見に目につかないからといって手は抜かない。
むしろ、目につきにくい部分であるからこそ丁寧に。

手に取った瞬間にぎゅーーーーんと全てが感じ取られ
作家の全てがワタクシには見えてしまいました。


「彼は信頼に値するっ!!」
(なぜか上から目線。さすがの私もこれは本人には言ってない)






それを当時の夫に言うと

「あんまりそういうトコで感動する人はおらんな」

と言ってた・・・(がーん)。









ワタシ、服が好きなんです。
行きつけのセレクトショップで毎回8時間試着するほどに(試着だけでなくちゃんと買います・・・)
細部やライン、作家の拘りを見付けては感動。

物づくりには全く興味はありませんが、完成した美しいものを手にし
鳥肌が立つほどにときめき、
作家に思いを馳せることを常としておりましたので
完全にその延長でございます・・・

そして盛り上がるのはそこの店長さんとワタシだけで
一緒に行った友達は「ぽかーーーん・・・」やったなぁ。

昔からそうなので、いいの。。。
理解してもらえなくってもいいの・・・。

と、言いつつ「わかるよ、わかる」と言ってもらえやしないかと
少々期待に胸を膨らませつつ、アーメン。


■直近の予定
 
 2月某日~(不明)
 企画展 「コーヒー展」
 wad (大阪)
 (wadからのお話だが、wadでやるのか不明。
  だいたいwadの企画展は詳細を知らない)


 3月2日(木)~13日(月) ←たぶん
 個展 「kobakoの器」
 CAFE GALLERY hagi (名古屋)

 東海地方、初の個展となります♪ hagiさん、お庭がめちゃくちゃ綺麗で好き!!!


-utsuwa kobako- そのセレクトショップ、いつもお酒を出してくれるので飲んだくれていました。
              ワイン!ビール!シャンパン!そしてチーズにオリーブ!!ツマ。 

今日のおかず。 [器のはなし]


「じぃさんや、今日は食べるものがこれしかなくなったよ。
 これを二人で分けようかねぇ」

「そうじゃのぅ。仕方ないのぅ、これを食べるか ばぁさんよ」



15876877_387979921552688_9073074805997043712_n(1).jpg
左:コロン。右:オーバルプレートSS(良い子の皆は並べ方は気にしないでね♪)



さあ、本日のおかず。
これ一体何でしょうか。










これ・・・実は石。
一玉20キロの土の中に混入していた石たち!!!
お皿に置いたらおかずに見えませんかーーー?むふふー。

一応盛り付けとして、真ん中をこんもりさせているので石が少なめに見えるかな。
実際はこんな感じ。↓






15802775_1415237851833654_241929404635152384_n.jpg



先日から夫が買った土の中にこんなに沢山の石が混入しているため
たびたび仕事の手を取られるし、焼成してみたらB品の嵐(あーらしを おーこーして)。



そこでアテクシの出番。
土をスライスし、指で石の感触を探し当て、取り出す。
という、遣り甲斐があるかないんかわからん作業を繰り返しております♪
一玉につき2巡!!

これだけ見付けても、指で土を押さえた際に脇に逃げる石があって
本焼きがあがってきてから判明したりになるのでBが続出する訳ですが
やらんかったらあの写真の通りの石が紛れているので、やった方が多少はマシなのです。


しかも冬場の土は相当冷たく、めでたくシモヤケができました(土って凍るらしいよ!)。
陶芸家っていろいろと大変なのですね。と感心した冬。


-utsuwa kobako- それでも私は夫をこき使うつもりだ。ツマ。

麻木久仁子さんのインスタグラムに。 [器のはなし]

本日は写真をご覧頂くのにリンク先に行って頂く、というひと手間掛かる構成でございます。
ご面倒をお掛けして申し訳ございませぬ・・・。
でもステキなのでぜひぜひに♪

あ、その前に一枚。
↓ こちらの写真は、我が家の工房があるヘムスロイド村。紅葉してきました~。
14550073_1264474683573513_4809708573690953728_n.jpg
さて本題でございます。

麻木久仁子さんのインスタグラム。
ある日のpostに見覚えのある器が・・・。
それがこちらでした → 
ゴールドのオーバルプレート、サイズはMではないかしら。

今は「
♯竹口要」と入っていますが、見付けたときはナシ。
念の為本人に確認して貰うと

「オレのやなー」。

それ以降、カップのpostもあったり → 
ラトンのMサイズかな。こちらもゴールドでした。

またまたオーバルを使って頂いたり → 



麻木さんの盛り付け方や器遣い、
気取ってなくてさり気なくて、とてもステキだと思う!

さらに「薬膳料理」というのもとても興味があり、ずっと拝見していました。
夫のを使って下さる方を探していた訳ではなく、
好きでずっと見ていた方がたまたま使って下さった・・・これ、私にとって重要項目♪



皆様もよろしかったらぜひ。
麻木さんのインスタグラム → 





-utsuwa kobako- 麻木さんのインスタとと同じくらい「逃げ恥」を何度も観て悶絶しているツマ。


終わりなき旅に終止符。 [器のはなし]

土曜日、灯しびとの会場でお声を掛けてくださった皆様、
予想外に能面で申し訳ございませんでした・・・
ゆっくりお話したい気持ち358%、しかし、どんどんワタクシの手元にたまってゆくお菓子・・・、
ようこそ能面女\(^o^)/

PB177623azzza.jpg
(これはマンマミーアのリンゴタルトでございます)


マンマミーアのスタッフに友達が居るのですが、その子が言うには

「お客さんの多さが去年までと全然ちがう・・・」

とのことで、みるみる内にお菓子がなくなり午後1時頃にはワタクシ、さよならしました。

お昼ご飯にとオーナーの川端さんのお母様お手製のお弁当まで頂いてしまいました。
夫の分まで・・・。
あぁ、大仙公園の芝生で食べるお弁当、美味しかったなぁー。
本来 屋外イベントってあんな風に楽しむものなのねぇ(キラキラ、キラキラ)。

川端さん、みあさんありがとうございます。

また、能面女に差し入れまで下さった常連の皆様、
わざわざテントにまで来て下さった皆様、
何とお礼を申し上げて良いのやらでございます。

PB167613zzza.jpg
(今回は夫が1時間並んで森のおはぎを買ってきてくれました。美味。)


さてさて、現在納品を一年半以上お待たせしてしまっている我が家でございます。
一つ一つの商品に主人の全力120%を掛ける必要があることやら
ヘムスロイドの杜まつり実行委員代表をしていたり (来年は副代表だぜっ♪)、
ありがたいことにご注文が重なったり (もう本当にありがとうございます、心から)、
納期がこんなにも遠い未来になるにはあれやこれや理由はございます。

そこで夫が「これじゃいけない」と悩んだ末、終わりなき旅に終止符を打つことを決意いたしました。



定番商品を大幅に減らします。


とはいえ、まだ2年近く先の納品がございますのでお取引先のお店や
ネットなどでご注文は頂けると思います。
また、個展やイベントなどでは従来通りご購入頂けるものもございます。

P1206092zz.jpg
(こういうの、定番外にナルアルネ)




ワタクシの妄想。時は数年後。

「あ、あの~、納期はやはり2年近いのでしょうか?」

「あらっ。宅が3か月以内に納品できるシステムを開発しましたのよ、おーっほっほっ」

なーんて、堂々と言える日が来ると良いです。
そして一生に一度くらいは昔ドラマのセリフにあった「宅」という単語を使ってみたいですっ。
「宅」は、意地悪マダム風に言うのがポイントです、たぶん。


もうこれで大丈夫です、精進します、邁進します、馬車馬です。夫が。

今後ともどうぞよろしくお願い致します。


-utsuwa kobako- 12月25日は何の日?クリスマス?違うよハセベの結婚式だよ。しーん。ツマ。

二人三脚 is [器のはなし]

本日イギリスからのメールに返信しようとして。
日本語で書いた文章を翻訳ソフトで英文にしようとしたところ・・・。

「こんにちは」

をグーグルは


「konnichi is」


と訳しておられました。
ダイジョブデスカ・・・


***************


最近、二手に分かれて仕事をしています。
爺さんは制作のためヘムスロイドの工房へ、婆さん ぴちぴち女子はゴールドの仕上げのため自宅に。


13694807_1324837897544963_2066782409_n.jpg


爺さんの仕事ぶり。
型から外して乾燥している様子。

いつかの写真ですが、こんな風に並べられると本来可愛いはずのハナマメサラが
何かちょっと・・・ コワイ 。。。
(爺さんはひたすら頑張って仕事をしているだけなのに、酷い言われよう)

1171215_1697351240554026_258959_n.jpg
左下の方とか右上のスプーンがのっているやつが出来あがり図です。色がつくと可愛いぜ!





13671371_1766817066865928_1372072182_n.jpg


爺さん、こんなこともしてます。素焼きの窯づめです。こちらは電気窯でございます。




そしてぴちぴち女子のしている「仕上げ」というのは・・・
(ゴールドだけ持ち帰ってガス窯で焼き、そのまま仕上げに入るので私だけ家に居ます)

窯から出したばかりのものは、全体にとってもザラザラしていて痛く感じるほど。
最適な大きさにカットしたサンドペーパーで底や表面、口元を削ってなめらかにするのが「仕上げ」です。



見た目も使い勝手も可愛いのに、意外と手強いのが小物類。
小物を持っている左手の爪や指を、右手のペーパーでガリっといきやすいのです。


まるでマッチ棒と見紛うほどのこんなか細い手を・・・小物って罪・・・。




中でも先ほどのハナマメサラは切れ込みがあるので一番時間が掛かります。
カップ類もMやLの方が掌全体でペーパーを覆えるのでやり易いのです。


このような爺さんとぴちぴち女子の愛の結晶のお披露目は来週末、千葉にて・・・♪





■ 次のイベント

10月15日(土)~16日(日) 10:00~16:30
  工房からの風 (HP → 
  ニッケコルトンプラザ(千葉県市川市)
14294867_1264130816951611_1360459644_n.jpg


-utsuwa kobako- konban is ツマ。




サンドイッチとプレート。 [器のはなし]

「工房からの風」の前に、絶対グレーの器にサンドイッチを盛り付ける!


中学校の調理実習以来のサンドイッチ(サンドウィッチというのかも知れない)。
そもそもめんどくさそうですし、作らなくても生きて来れました。
それでも、皆様にぜひ見て頂きたい!!!




そんな力作をぜひどうぞ!!!
















14474392_1798437593703475_2255880977509253120_n.jpg


ちーーーーーん。






はい・・・アテクシとしても非常に残念でございます。



こちらは耳、サンドイッチの切れっぱし。
しかも撮影の為にあらゆる器を隅に追いやった姿まで入っています。

(夫が「後で編集したらええ」と言ってたけど私にはやり方がわかりません。
 そして夫は本日も徹夜で窯焚きをしているので申し訳なくて頼めません。
 あいホーンで撮りました。未熟ですみません)



肝心のサンドイッチなのですが、
盛り付けた後ちょっと目を離した隙に工房に居るコバエがたかってたかってたかりまくり。
夏でもハエなんて居なかったのに、この時季は大量発生するのでしょうか。
えらいことになっていたのを夫が発見し、サヨナラしました。
一目見てご臨終を悟ったそうです。
彩りを考えて挟んだアボカドも紫キャベツも卵もチーズも何もかも、いっぺんにサヨナラ。

工房のあるヘムスロイド村は豊かな自然、そして建物は多くの隙間に恵まれた素晴らしい場所なのです。





耳がのってるのは「リムプレート」でございます。
こちらも「工房からの風」に持って行く予定です(たぶん)。
以上でございます。。。




■ 次のイベント

10月15日(土)~16日(日) 10:00~16:30
  工房からの風 (HP → 

  ニッケコルトンプラザ(千葉県市川市)


14294867_1264130816951611_1360459644_n.jpg



-utsuwa kobako- パンは「工房タダフサ」の三徳包丁で切りました。よく切れました。ツマ。





グレーとホラー。 [器のはなし]

今日も元気いっぱい、そして夜更かし、竹口要のツマでございます。

先日の「工藝の庭」にも出しましたが、今度の「工房からの風」にも出す予定なのがこれだす。


14156155_1835091996726633_1258347282_n.jpg


皆様、写真のカップ(ラトン)や豆皿(ハナマメサラ)に見覚えがおありかと思います。
これらの定番は白とゴールド。

今回お知らせしたかったのは、その他の色。
個展やイベントだけの、写真一番手前の「グレー」でございます。
その他に、プレートも持って行く予定です。
滋賀から千葉へ♪



私、このグレーがとても好きなんですー。

写真がないのが残念なのですが
オーバルプレートのグレーも作っていたので
我が家では「ゴーヤーチャンプル」を盛り付けました。
思った通り鮮やかな緑がとてもとても映えて、新鮮な気分の食卓になりました。
(次回は忘れずに写真撮る)

パプリカの赤や黄色、ブロッコリーの緑もいっぺんに盛り付けてみたい!!
想像だけで胸が躍ります。
この色は緑黄色野菜がものすごく美しく見えます~(油によるツヤも、よりそそる気がする)。


13556761_951542538288600_248075229_n.jpg


でも実は・・・今だから言える。
初めての窯出しでカップやプレートが大群で出て来た時は



「こ、、、これは・・・石でしょうか?」



と思うほどに単なる「グレーのかたまり」にしか見えませんでした。



ところが単体になると印象はガラリと変わり、まず思ったのが


「ハムやレタス、卵のサンドイッチ(四角いやつ)を載せたい」


でした。
グレーのお陰で食べ物の色がより鮮やかに印象付き、
食べ物のお陰で器がより良く見える。
そんな風にうずうず思っちゃったんですねぇー!!


確信した割にワタシ、サンドイッチとか全く作りません。
それから3か月が過ぎ、やっとこさのゴーヤーチャンプルーだった訳なのですっ!!
(ながー。おそー)



写真のカップならコーヒー、紅茶、緑茶、何でも来い!
特に緑はより綺麗に見える!!
オレンジジュースもいいと思うよ♪
(オススメしておきながら何ですが、
 このカップで緑茶とジュースを飲む方はいらっしゃるのかな?私は飲むけど・・・)




数年前からちょこちょこイベントのみで出していた色なので、
近いうちに定番になってくれたら嬉しいなと妄想しております(私に権限は皆無)。




そしてこれ、ちょっとホラーでございます。

IMG_0210.jpg
炊きあがったばかりのご飯。


この時、戻した黒豆と刻んだ黒キクラゲを冷凍したものを使ったのです。
凍って硬いまんま、どさっと投入して炊いてみました。


・・・炊きあがって圧力鍋の蓋を開けた時、何と言うか・・・不気味でしたねぇ・・・。


しゃもじで均等に混ぜるといつもの平和な風景に戻り、
そこからまた新たな「おにぎり」という命がこの世に誕生しました。
命・・・それは輝き・・・☆


さあ、これまた妙な具合に話を発展させてしまい、
ここからどう持って行けばいいのか見当もつきません。

隣にいる主人に「何かオチつけてー」と言ってみたら「わからん」の冷たい一言でした。
困った時は便利なこれで終わろうと思います。



「かしこ」。



■ 次のイベント

10月15日(土)~16日(日) 10:00~16:30
  工房からの風 (HP → 
  ニッケコルトンプラザ(千葉県市川市)





-utsuwa kobako- 「家売るオンナ」を毎週録画している万智になりたいツマ。

ゴールドの艶と輝きをあなたに。 [器のはなし]

いつも、

「ゴールドの器は使い込むうちに色が変化していきます」

と、お話していますがこちらですっ♪

「リネア」という名前のカップ。スペイン語で「線」という意味です。

12918419_1096877213698485_1319821690_n.jpg
向かって左側が約3年間、毎日ほうじ茶を飲んでいた器。
右が新品です。

内側の艶、外側の素地の色、全然違うのが伝われば嬉しいな♪

手触りも滑らかに変わって行きます。
カップは液体に触れる時間が長いし量も多いので変化が速いです。
そしてコーヒーよりもお茶が速いです。

プレートはまだらになる期間が長いかな。
それも使い込むうちに、こんな風に変化していきます。


10561083_1603304693329186_438127432_n.jpg


私が独身時代初めて作家物を買ったのが、左の器です。
かれこれ8年ほど前になるのかなぁ。
当時一人暮らしをしていて、初めての陶器市で一目ぼれし、
後日、友達にプレゼントしたいとまとめて7個くらいだったか・・・
夫に直接注文したのでした。


自分ではこんなに変化しているって気付いてなくて、
夫に言われてびっくりしました。
そして・・・今は使われることなく使用見本として展示しています。

じっくりご覧になるとお分かりかと思いますが
当時と線の数も、口元のゴールドの幅?高さ?も違ってます。
昔のは、可愛い感じ。今のは大人っぽくなったな。
色々と進化し続けてます。





ゴールドのカップと小物をお買い上げくださったtessさんがブログでご紹介して下さっています。

tessさんの記事 → 

tessさん、すごく気に入ってくださってて嬉しいな~♪
ゆっくり育てていってくださいね。

そして記事の中の「トップセールスマン」(笑)
素敵な肩書きをありがとうございます!!


肩書きが増え続けて困るわぁ・・・(ニヤニヤニヤニヤ)。
そろそろ名刺も作成しようと思ってるんです~。

夫と考えていたら迷走し始めて今のところ最有力候補が


「日本語担当」



です。

・・・日本語でしかメールのやり取りができへんから。というのが理由です。
(英語、むり)










最後に宣伝。次のイベント。

1458873_1570392503276124_2039895912_n.jpg


実は内容が全くわかっていないので、全く詳しく書けません。
でも多分新しい建物で綺麗のではなかろうか?
滋賀付近の方、よろしかったらぜひ♪


-utsuwa kobako- 私はこのイベント、食べ物が楽しみなのです。ツマ。
             

 


前の10件 | - 器のはなし ブログトップ