So-net無料ブログ作成

企画展が終わりましたがカルロスとオフコース。 [展示イベント]


3月22日~28日の伊勢丹新宿店での「工房からの風から」展、

夫が参加させて頂きました後期日程も無事終了いたしました。

17596542_180656849108908_5705603820667535360_n.jpg

最終日前日の、夫のインスタグラムで ↓


早いもので、伊勢丹新宿店で開催中の「工房からの風」から展は明日で最終日になります。
 
 まだ終わってはおりませんが、多くのお客様にお越し頂き
 
 器を連れて帰って下さったこと、心より御礼申し上げます。
 
 残り一日、色々な作家の素敵な作品が展示されており、
 
 どなたか作家も展示会場に立っていると思います。
 
 ご興味のある方はこの機会に作家と話すのも楽しいと思います。
 
 最終日、どうぞ宜しくお願いします。」



と申しておりました。

そしてごめんなさい。 ← 先に謝る作戦。

本来ならばもっともっとお礼を述べたい気持ち1000%。

君は1000%(by カルロストシキ&オメガトライブ)。



が、ワタクシに似合わず連日まじめな文章を書き過ぎて・・・全く


「らーらーらー♪ ららぁーらー♪ ことぉーばにー できなぁーい♪」


やっぱり私に真面目は無理やったんやとおもう。

17266076_721738607988835_2031656557644611584_n.jpg


さて、ある日のこと。

茶柱が立ちました♪

大喜びで



私 「見てみて!!茶柱立った!!!」


夫 「ちゃうで、それ茶柱ちゃうで!!!!」



(えっ、これって茶柱が立つという状態ではなかったの?
 ワタクシ、これまでの人生勘違いして生きていたの?)


軽く怯むワタクシ。


そして彼に問うてみました。




私 「これ、茶柱ちゃうん? ほな、何なん?」




夫 「それ、う○こやで。う○こ茶や、う○こ茶や~、う○こ茶飲んどる~(爆笑)」




私 「(脱力&呆然)」






このような、「永遠の小学生・竹口要」が制作した器をお選びくださった皆様、、、

何だか超真面目で神経質そうな夫のイメージが狂ったかも知れませんが

たくさんの作品の中から、本当に本当にありがとうございました。

ワタクシからも心より御礼申し上げます・・・(泣)


そして彼は常時こんな感じなのです、どなたか止めてくださると嬉しいですがきっと止まらない。


ですがきっとこの器をお使い頂くことによって、

あなた様も作り手同様に
小学生・・・とまではいわずとも

二十歳あたりまでは若返ってゆくはず。

明日鏡を見てごらん、シワが3本減っているよ♪(効果は日々更新&半永久的)



最後になりましたが、今回の「工房からの風から」展に携わってくださった伊勢丹新宿店の皆様

ヒナタノオトの稲垣さん、工房からの風のスタッフの皆様、

素晴らしい機会と経験をいただき、そして色々とお世話になり本当にありがとうございました。



■ 4月の予定
  4月15日(土)~30日(日)

  個展「手のひらから」(←阪本さんの神、降臨しました!!!!)

  
Deli+Table ti.po (和歌山)
 
 (ti..poさんでは3年ぶりの個展となります。
  とにかくランチやアフタヌーンティの素敵なお店で連日行列。
  夫の器をカフェでご使用くださっています)


■5月の予定
 ○5月14日~15日

 イベント「東京豆皿市・箸置き市」(第11回東京蚤の市)
 

 オーヴァル京王閣

 (マメサラ3~4種類と箸置き出します)




 ○5月20日(土)~21日(日)

 イベント「ヘムスロイドの杜まつり」

 ことうヘムスロイド村(滋賀)

 (工房を開放しての展示販売でございます。ウェルカム)





 ○5月27日(土)~28日(日)

 イベント「クラフトフェアまつもと」

 あがたの森公園(長野)

 (今年も場所取りに走るため、今から鍛えます)


-utsuwa kobako- 今日はなかなか昭和をちりばめられて満足している小学生の夫を持つツマ。


工房からの風から展、気付けば明後日まで・・・(T_T) [展示イベント]


た、大変だ・・・。

ワタクシうっかりまたもや冬眠しておりました・・・。

そのため、気付いたら伊勢丹新宿店での企画展「工房からの風から」、

え・・・もう明後日でお・わ・り・・・。

連日宣伝しまくり、

南極からでも「行って来るぞー♪」と思って頂けるような記事を書くつもりだったのに。

がーん。もう死語かもしれないが何度でも使ってやる、「がーーーーん」。



16906734_1776089629373499_4604145155367239680_n(1).jpg

あぁ何て春らしい♪

グレー、いいよなぁー。グレー、好きやなぁー。



グレーに関しては何ら使用上の注意はないです。

ゴールドが問題か・・・。

もしも伊勢丹でお買い上げくださって、こちらをご覧になっていらっしゃるお客さま。

ゴールドは使い込むにつれしっとりと艶が出て来ます。

その過程で一時期まだらになったりすることもありますが

気にせず使い続けて頂くといつしか全体に変化していきます。

10561083_1603304693329186_438127432_n.jpg

こちらのカップ、左が使い込んだもの。右が新品です。

内側をご覧頂くとお分かりかと思いますが、このように次第に艶が出てくるでございます。



それから、これは我が家の器全般に言えることですが

・目どめ不要(水洗い程度で使い始めていただけます)
・電子レンジ使用可(温めのみ。耐熱ではないのでオーブン機能は不可)
・家庭用食洗機使用可(業務用はチップの可能性があるので不可)

となっております。

特にゴールドは、その色合いからバチバチなりそうに見えがちですが問題ナシです。


何度でもガーガーと電子レンジと戯れ、ピーピーピーと呼ばれてくださいませ。

よろしくどうぞ!!





unnamed.jpg


話は先日の名古屋hagiさんでの個展に遡ります。

こちらの写真は、もう何年も個展やイベントのたびに

名古屋から滋賀まで通ってくださっている、Mさんが送って下さいました。

hagiの園部さんが「フラワーノリタケ」という何だか超有名らしいお花屋さんの

珍しいお花を主人の花器に生けて下さっていて

花器とのバランスがとても綺麗だったから・・・とのことです♪

Mさん、お忙しい中、本当にありがとうございます!!

皆様のこういう優しいお気持ちに触れさせて頂くことで、

我々実は嬉しくて陰で何度も泣いているんだ。思い出したから今からまた泣こう。


そしてそして・・・次の個展も喜んで頂けるようにがんばるんだーーーーー\(^o^)/

って思っているのだけれど、実はまだDMデキテナイアルヨ。

4月15日からなのに、まだナイアルヨ。


ちなみに5月20、21日開催の「ヘムスロイドの杜まつり」のDMは先日出来あがってきました。

ということからも、遅れっぷりの凄まじさが伝わるかと思いますが

今日の段階でまだ、ti.poの阪本さんと、デザイナーさん、主人で打ち合わせ中。

特にタイトルは阪本さんの「神、降臨待ち」らしい(^O^)/


いや~、どうなるかなどうなるかな~、いつ完成するかな~♪

それら含めて皆様、どうぞお楽しみに♪

(でも実は私が一番楽しみだ!!)



■会期中
 3月22日(水)~28日(火)

  企画展 「『工房からの風』から」

  伊勢丹新宿本店 (東京)



■次の予定
 4月15日(土)~30日(日)

 個展「     」(←阪本さんの神、降臨待ち中)

 
Deli+Table ti.po (和歌山)
 
 (ti..poさんでは3年ぶりの個展となります。
  とにかくランチやアフタヌーンティの素敵なお店で連日行列。
  夫の器をカフェでご使用くださっています)



-utsuwa kobako- でも私は知っている。神、そんな易々と降臨せえへん。神は気まぐれなのだツマ。


「工房からの風から」展、明日から。 [展示イベント]


企画展直前につき、本日も更新をする竹口要の妻でございます。

こんな時だけ頻繁なの。

いやいやーホントにお前さんは現金なヤツだねぇ、まったく(←口調のイメージは下町ふう)。



さて、明日からの「工房からの風から」展に出すグレーたちのご紹介です。



17333002_1315685518511901_5245654428614131712_n.jpg


hagiの園部さんから頂いた豆菓子。

一番下だけローソンのきなこくるみ(私が“八丁味噌カシュー”を食べ尽くした為・・・)、

レンコン挟み揚げのようだな。


写真でもお分かりのように、グレーは単体では地味ながらもオシャレに見え

食べ物をのせた途端に脇役として徹し、主役を引き立たせることができる。

そういう「俳優・高橋一生的なところ」
ワタクシは気に入っておりますよ。

今の季節だと、そうねぇ・・・菜の花のお浸しや、蕗の薹の天ぷらなんかいいと思うなぁ。

タケノコの木の芽焼きもいいですねぇ。


カップも緑茶やコーヒー、何でも合うぜ!

汚れも目立たないから気楽。


グレーの器があるとお部屋全体の雰囲気もぐっと上がって気分が華やぐ・・・

という特典もついてくる。

グレーは本当に魅力的。

と、洋服もタイツも靴もグレーが好きな私は常々思っております。

17333584_597102457159727_3086914723598303232_n.jpg


これ!!

めちゃ可愛く撮れているのに私が編集?したらなぜ下が切れるのか謎・・・、まぁ良いです。


グレーの器、最近の新色とお思いの方も多くいらっしゃるかと思いますが

実は既に5~6年前には出していて

私、「姫路クラフト」でお客さまにオススメした記憶がございますよ。

ええ、主人とお付き合いをする前にお手伝いとして行っていた頃ですね。

なので「縁結びの器」としても全国的にひそかな旋風が。 (うそ八百です)


やはりたった一人での弱小生産体制では

頂いたご注文をこなすに精いっぱいでなかなか新色の定番化には行きつきませんです。

これじゃいけない。


私は何もしないが、夫、がんばるんだぞ!!!

応援しときました。



明日から後期日程はじまります。

■3月22日(水)~28日(火)

  企画展 「『工房からの風』から」


  伊勢丹新宿本店 (東京)

  



■次の予定
 4月15日(土)~30日(日)

 個展「     」(←タイトルがまだわからんです)

 
Deli+Table ti.po (和歌山)
 
 (ti..poさんでは3年ぶりの個展となります。
  とにかくランチやアフタヌーンティの素敵なお店で連日行列。
  夫の器をカフェでご使用くださっています)

  

-utsuwa kobako- きなこくるみが「オッケー」の指に見えたりグローブに見えたりもするツマ。


「工房からの風から」@伊勢丹新宿店 [展示イベント]


得意料理は生野菜サラダと焼き魚♪やる気満々な竹口要の妻でございます。

hagiさんでの個展が終わり、次なる企画展の納品も終わり通常運転に戻りました。


17332964_1260149000727838_2333366486791356416_n.jpg


写真の下の方が切れて困るが直し方がわからない竹口要の妻でございます(挨拶二回目)。

こちらのオーバルプレートに載っている豆菓子はhagiの園部さんから頂きました。

めっちゃ美味しくて飛び上りそうでした。

ゆっくりとお茶を嗜みつつ、大切にいただく。

そういうお菓子であるにもかかわらず、頂いた内の「八丁味噌味」を一気に食べてしまい後悔。

写真撮りの際、仕方なく夫がローソンで「きなこくるみ」を買って来てその場しのぎをしてしまいました。
(一番左がそれ)

園部さんごめんなさい。。。



さて次の企画展は伊勢丹新宿店の「工房からの風から」展でございます。

こちら、日程が前期後期と分かれており、我が家は後期である3月22日~28日の日程。


「テーマ」は“ニッケ鎮守の杜を彩る15色”だそうです。
(ニッケ鎮守の杜=工房からの風というイベントの会場)


我が家は15色の内、

「グレー(曇)」
「ゴールド(果)」

の2色の出品を予定しています!


こちらの写真の背後に写っている「ラトン蓋付きピッチャー」、

テーマに合わせて今回が初めての制作となりました「グレー」になります。

亡霊のようにぼやけておりますが、ぜひ実物をご高覧いただけると幸いでございます。


次回もグレーの器についてお送りいたします。


かしこ。




■次の予定
 3月22日(水)~28日(火)

  企画展 「『工房からの風』から」


  伊勢丹新宿本店 (東京)

  

 4月15日(土)~30日(日)

 個展「     」(←タイトルがまだわからんです)

 Deli+Table ti.po (和歌山)




-utsuwa kobako- 「鎮守」をずっと「ちんしゃ」と読んでいた竹口要のツマより。

本日、個展終了いたしました@CAFE gallery hagi [展示イベント]


名古屋のCAFE gallery hagiさんで3月2日に始まった

「竹口要陶展」、本日無事に終了いたしました。


会場に足をお運び下さったたくさんのお客さま、

お客さまにオススメしてくださったお取引先のお店の皆様、

ブログやインスタで私たちに代わって宣伝をしてくださった皆様、

ブログで応援してくださった皆様、

そして素晴らしいディスプレイとカフェで雰囲気を作ってくださったhagiの園部さんご姉妹・・・。


皆様のお陰で今日を迎えられ、

改めて沢山の方々に支えて頂いていることを夫婦共々実感しております。

本当にありがとうございます。


夫は物忘れも酷く、話すと言っても常時噛み噛みで、

見た目の割には実はおじいちゃん・・・。

これといって目立った取り柄はありませんが

日々一生懸命器づくりに励んでおります。←これだけは真面目!


お世話になってばかりの皆様へのお返しと言っても器を作ることしかできませんが

これからも更に更にワクワクしたり喜んで頂けるよう、そのためにワタクシも心を鬼にしまして

夫を殴ったり蹴ったり鞭で叩いたり、たまにご飯を与えたりしながら頑張って行きますので

今後ともどうぞよろしくお願い致します。



17267678_434619456875659_8689609847953424384_n.jpg


最後に、リクエストにお応えしてノインのゴールドまみれ。

まっ茶っ茶風景♪


改めて、本当にありがとうございました。


夫からはインスタより後ほどご挨拶する予定です。

(と言っても次の伊勢丹新宿店の納品が迫っている中、相変わらず制作は遅れに遅れ、
 連日午前5時6時帰宅、本日は一周
廻って午後(←とうとう午後て!)4時帰宅でして

 現在窯焚きを控え仮眠中につき、明日か明後日になるやも知れませぬです)


-utsuwa kobako- 竹口要とゴーストライター。わお!


餅とキツネとノインでどうぞ。 [展示イベント]

悲しです。

数日前から首を寝違えている、眉毛つながったままの

湿布臭い竹口要の妻でございます。。。



あー、やっぱりあの日あの時あの場所で、もうちょっと首を大事にしていれば・・・。

寝違えているにも関わらず、

相変わらず粘土一玉につき5600個くらい混入している石を

私が取らねば誰が取る、夫にこんな雑用をさせている暇はない!

と撤去していましたところ。


「ごめん、もう無理、もう耐えられへん」


と悲鳴を上げつつ悶えるほど、か細い首を更に痛めつけてしまい現在に至ります。

17076156_1361913117203145_1707224417550991360_n.jpg



スマホを見る、あの微妙に下を向く姿勢、うがいで上を向く角度・・・

普段何気なく取っている行動の一つ一つが有り難く感じる日々。

もちろん料理もできません。

下を向くと痛くて、野菜を切るほんのちょっとの時間が耐えられません。

何をするにも拷問に感じる。。。



昨夜夫が

「明日は工房に来ず家で首を休めて。念のためカップラーメンでも買っておいたら」

と言ってくれたので、帰宅途中の夜中3時、24時間営業のセイユーでラーメン買いました。




カップラーメン。

きっと食べてみるとさして美味でもないのかも知れません。

響きに少々ときめく乙女心。



子供の頃の記憶で止まっているので、私は「力餅」というやつを選びました。

(その他、「わかめラーメン」なども昔食べたことがあって懐かしいです)


3つ買うと割引となっており、主人は鴨の何かを選びました。

あと一つは何となく、赤いきつねにしました。
17076720_424623061226044_1021196631460020224_n.jpg


さて夜ご飯。

とうとう力餅食べちゃうか!!こんな時くらいいいよね♪

と、ときめきつつ蓋を開けました。


揚げがこちらを覗いています。


「わー、力餅って揚げとお餅のダブルなのー。豪華~♪」


ときめき倍増でお湯を沸かしている間に、ふと神が降臨する。





「ん?揚げ・・・。揚げと言えば・・・?












 これ、赤いきつねや・・・


神、遅い!!!神もっとはよ来てよ、神ぃーーー。



私は力餅が良かったんや。

赤いきつねは眼中になかったのに。

なんでこれを力餅と思い込んだん・・・。何が起こったん・・・。

きつねにつままれたような気分とは正にこれか。



どうすることもできず、もやもやしながら赤いきつね食べました。

餅・・・。もち・・・。


おまけに大食いの私にはカップラーメン一つでお腹は満たされず。

かといって次こそと力餅食べる気も起きず・・・。

慣れないことをした罰でしょうか。

素直に圧力鍋持ってご飯を炊いたら良かったんでしょうか・・・。

という悲しみをお届けいたしました。

17075857_395770014141687_53166712962416640_n.jpg
さて、本日写真でお届けしておりますのは個展などでしか出さない「ノイン」というマメサラです。

「ノイン」は「9」という意味。

9番目の試作品だったから、何とか語の「9」の「ノイン」と名付けております。安直♪


定番になる商品って、こうして何種類も何種類もの試作を経て選んだものとも言えます。

でも定番外は個展やイベントだけでしか買えない・・・となると貴重な感じもする。

要するに両方なんだかとっても素敵なものな気がして来る・・・。

うまいねうまいね。さすがだね!


こちらのマメサラ、hagiさんにもお持ちしておりますので良かったらどうぞ♪

私はくぼみ具合がお気に入り(*^_^*)


■ 個展 「竹口 要 陶展」 13日まで(火・水休み)

 CAFE GALLERY hagi (名古屋)


■次の予定
 3月22日(水)~28日(火)

  企画展 「『工房からの風』から」


  伊勢丹新宿本店 (東京)

  
(こちらでは自然にまつわる展示となり、我が家はゴールド(果)とグレー(曇)の作品を出品します。
    こちらも在廊はナシです)



-utsuwa kobako- ええ。皆様の「PC触っても大丈夫なん?」という声が聴こえます。大丈夫ではありません。痛いですツマ。


hagiさんのお茶風景。 [展示イベント]

現在個展開催中の「CAFE GALLERY hagi」さんは、住宅街の中に佇むお店。

お茶のセッティングも毎度ステキでホレボレ。


17126734_103526713512899_3671785949580230656_n(1).jpg


店内は暖色系のやさしい光。

プレートごとに一輪挿しにお花を生けてくださったり、マメザラの下には可愛い葉っぱがあったり。

潤いとお心遣いを感じて「ひゃあ♪」となります。


ハシオキも廃番になってしまったやつ、
(型物は制作すればするほど摩耗するので、型が壊れて泣く泣く廃番にするパターン)

プレートも、少し前にお話した主人の試作品で7~8年前のもの(私とオソロ♪)。

どれも大切に大切に使ってくださっているのが伝わってきます。



そしてhagiさんはね、何と言っても飲み物がたーーーーーーっぷり。

現在、「ラトン Lサイズ(かなりたっぷりサイズ)」も使ってくださっているそう。

そのくらいたっぷり出してもらえると、ゆったり過ごせて嬉しいぞー!


日ごろのせかせかした時間をすっかり忘れて本来の自分に還れるような~♪

妙に誰かにやさしくしたくなるような~♪

そこに居るだけで自分を洗濯してもらっているのだな、きっと。

そんな独特のやわらかな空気を持つhagiさんです。



■ 個展 「竹口 要 陶展」 13日まで(火・水休み)

 CAFE GALLERY hagi (名古屋)





■次の予定
 3月22日(水)~28日(火)

  企画展 「『工房からの風』から」


  伊勢丹新宿本店 (東京)

  
(こちらでは自然にまつわる展示となり、我が家はゴールド(果)とグレー(曇)の作品を出品します。
    こちらも在廊はナシです)




-utsuwa kobako- 私ももう一回会期中にお邪魔したいなぁ。伊勢丹の発送が16日・・・あぁ無理か。ツマ。


オーバルプレートだよね。 [器のはなし]


「こいー、こいっ、こいっ、こいっ、こいっ」


さて、この「こい」は以下のどれでしょう。




①星野源 「恋」



②「はーるよ こい、はーやく こい」の「来い」



③「顔が濃い」など濃厚という意味の「濃い」







正解は






 

 

③番でーーーーーーす♪



こちらご覧くださいませ。見た瞬間、冒頭の言葉を発してしまったワタクシ。


15538563_424655484543909_8162454946545926144_n(1).jpg


何なの、このまっ茶っ茶具合ときたら・・・。

正確にはプレートの色は「ゴールド」なのですけれども。


こちらを夫がインスタグラムにアップしていて、濃厚過ぎてびっくりしました!!



こちらのオーバルプレート、全部で7サイズ。。。

独立当初から制作している形で、マイナーチェンジを繰り返しながら現在に至ります。



17076252_269667850135137_754824258705686528_n.jpg


裏側。高台が特長でございます。

手に取る時に横からすっと指を入れやすくしたい、そしてガタつきをなくしたい。

ということから、高台をつけることにしたそうな~。


が、この決断が後々夫を苦しめることになる・・・。


17077666_577592105782398_7095121424204955648_n.jpg


おわかりになりますでしょうか。

この微妙な高さ。

こちら、どうやってつけてるかというと


「手びねり」


なのでございます・・・


あぁ何でこんなことを・・・。


丸いプレートだったら轆轤をしゃしゃーーーと回しながら作れるものを、

オーバルの前において、轆轤は何の威力も発揮せず♪


言われてみれば

「円形じゃないもんな、そりゃそうだ!!」

となりますが、案外 第三者は気付かないところ。

私も聞いてから「あっ!」となりましたです。


指で土を、ちみちみちみちみやって高さを出してゆくしかないのです。

もちろん一発で出来あがる訳でもなく、とにかく「ちみちみ→整え」のエンドレス♪

今度出会ったら「ちみ→整えくん」とでも呼んでやってください(むかし「L→R」って居ませんでした?)。


16908169_336895793373748_544182453871312896_n(1).jpg


で、やっとこさ、この数ミリの高台の完成です。

ちなみにこちら「マメオーバル」という、オーバルの中でも一番小さいもの。

小さ過ぎても大き過ぎてもしんどいことは、雑用をする中で身に沁みていますから

夫に


「何でこのサイズを作ったーーーーー!!!」


と思わずケンカ腰で言っちゃったんだぜ・・・。



実物をご覧になったお客さまからはマメオーバルについて


「深さもあって、想像よりはるかにオーバルプレートしてた!!!」


と驚きのご感想を頂くこと何度か・・・。



ちなみにこの「k.t」ですが、漢字の「竹」にも見えるようにデザインしております。

って自分の手柄のように言ってみましたが、デザインしたのは夫です♪


現在、会期中の個展にてオーバルプレートは全サイズ出品しております。


■ 個展 「竹口 要 陶展」 13日まで(火・水休み)

 CAFE GALLERY hagi (名古屋)



■次の予定
 3月22日(水)~28日(火)

  企画展 「『工房からの風』から」


  伊勢丹新宿本店 (東京)

  
(こちらでは自然にまつわる展示となり、我が家はゴールド(果)とグレー(曇)の作品を出品します。
    こちらも在廊はナシです)




-utsuwa kobako- 調べたら「L⇔R」だったようです、記憶違いでごめんなさいツマ。





初日ありがとうございました。 [展示イベント]


先ほどの記事は主にhagiさんと私のこと。

そしてこの記事はお客さまのこと。


今回、関西以外では初めての個展ということで

まだまだ知名度もない中の平日在廊・・・ふ・あ・ん♪


各地のイベントでは我がブースも行列になったりするわけですが、それはイベントのお力です。

周りの作家の方のお力でもあります。

ここ数年「器ブーム」とやらが来ているそうですが、我が家は何ら波に乗れておらず♪


これらを自覚しているので、二人きりで一日過ごすことも念頭に~。


が、来て下さいました。

常連さんも初めましてのお客さまも、程よくお話もでき、とても素敵な時間を過ごせました。


17076196_1814263315493267_2487407309928529920_n(1).jpg

こちら、常連のお客様がお買い上げくださいました。

どうやらお醤油差しとしてお使いになるようです。間違った使い方だぜ?

赤チンを入れ、一滴一滴、大切に垂らす。これが日本人のあるべき姿アルヨ。

17077203_336358286765595_8945097742787543040_n.jpg
今回初の白ボタ、売り切れちゃったです。

hagiさんでの不思議現象、なぜか白からなくなってゆく・・・。

以前は春夏は白、秋冬はゴールドだったのですが、近年常にゴールド優勢。


15258571_221595648280380_1913913143076061184_n.jpg
hagiさんも、こちらのツートンが一番先になくなるのではと予想されてたそうですが、

意外にも白が午前中になくなってしまいましたです。

確かに今回の白は美しかった。hagiさんの雰囲気にも白が合っていた。


16122524_242208819562003_523426556261957632_n.jpg
正面の「ラトン蓋付きピッチャー(Lo)」は出品していませんが、それ以外は持って行っています。

常連さんが意外にも定番商品をご購入くださっていたり、予想と違うことが多発していました。

ちなみにゴブレットはまだ残っていたと思います。

食卓に高低差が出ると美しく、また楽しくなるので、飲み物以外にも本当にオススメ。



今回、お客さまとお話できる空間もつくって頂いていたので

もう10年以上通って下さっている方と初めてゆっくりお話ができました。

その時に、

「土日に向けて私がsnsで宣伝しとく!!」

と張り切っておっしゃって下さったり(ありがたいですー)。


「初めて」は、いつでもやっぱり不安になるものですが

こうしてお客さまの方からお力を貸してくださり、

一緒に今展をつくりあげて行くような一体感、あー我々は幸せモノだ!!!



また、お客さま同士が目の前で仲良くなられて、

電車で来られている方を駅まで車で送ってくださったり。



こういうアットホームな雰囲気が自然に発生してくるのは、

会場であるhagiさんの持つ空気や、お客さまのお人柄のお陰です。

我々の自慢は、周りの方に恵まれていること!!

思い返せば、「お客さま自慢」ができるネタが沢山あるなぁ。


ずっと滋賀まで通って下さっていた常連の方、

やっと名古屋にとおっしゃって下さった初めましての方、本当にお待たせしました。


これからも夫をしばき倒しながら、時にはご飯を与えず、スパルタでやって行きますので、

今後ともどうぞよろしくお願い致します♪


そしてこれから足をお運びくださる皆様、どうか楽しんでいらしてください。

hagiさんの魅力をぜひ感じてください♪

器も、ほんと、わりとなかなか良いよ。

わくわくと使い心地が共存する器があなた様をお待ちしております。



■ 個展 「竹口 要 陶展」 13日まで(火・水休み)

 
CAFE GALLERY hagi (名古屋)



■次の予定
 3月22日(水)~28日(火)

  企画展 「『工房からの風』から」


  伊勢丹新宿本店 (東京)

  
(こちらでは自然にまつわる展示となり、我が家はゴールド(果)とグレー(曇)の作品を出品します。
    こちらも在廊はナシです)




-utsuwa kobako- これ、予約投稿にする予定。只今午前5時45分。なかなか平和ですツマ。

「竹口 要 陶展」@ Cafe gallery hagi (名古屋)、会期中。 [展示イベント]

始まりましたー、関西以外初めての個展♪

記念すべき第一弾、hagiさんで良かったなぁーと在店し改めて実感した、

竹口要の妻でございます。


今回の在店にあたり、ワタクシのテーマは「毛」でございました。


①眉毛、くっついている。

②顔の毛穴が全開である。

③タイツが毛玉だらけ。


①と②は、自覚があって放置していたり、どうしようもないと知っているので良しとする。

③は、全ての用意を済ませ、いざ出発とサンダルを履いた瞬間


「何じゃこのサンダルから見える白いモケモケはぁぁぁぁぁーーーーー!!!!」


となり、でも時間もないし「まぁええか」と・・・結局良しとしました♪

これぞ正に自己肯定感♡(←何か間違ってる)


さて。


16908943_1933489816871996_4244564639305695232_n(1).jpg


こちら、hagiさんの入口から奥を見た図。

器より何より、この写真の奥にチラリ見えるお庭がステキ。




16908047_1809095869340254_7002320031480545280_n(1).jpg

何だかこの思いがこの画像では表現できていないのですが、

本当にお庭が美しく、暫く立ち止まってうっとり眺めていらっしゃる方多数。

ワタクシが本気で「ここにテントを張ってでもええから住みたい」と思ったお庭。

とても癒される落ち着いた空間です。


16906924_1425431377501006_4200432390050414592_n.jpg

そんなhagiさん、ディスプレイもとっても素敵に仕上げてくださり、

私としましては、


「取り急ぎ器は横に置いておいて、hagiさんの魅力を語りあいませんか」


と、生きとし生けるものに叫びたい気分です。


主人の独身時代から長くお付き合いして下さっているお店なのですが

もう廃番になってしまった器たちも大切に大切にお使いくださっているのが

器ひとつひとつから伝わって来て、そのお気持ちに感動で泣いちゃいそうでした。


お客様にも必ず主人の器でお茶やお菓子を出してくださっていて、

昔の器はこうだったんだよーというお話でも盛り上がったり。

そういうお心遣いが本当に嬉しく、じーんとした瞬間でございました。



あとあと、何が嬉しかったって、私が独身時代、

夫と全く無関係の頃に購入した丸いプレート、定番品ではなく試作品だったのかなぁ。

それがhagiさんで、当たり前にお客様用の器として出てきたこと!


「お揃い~♪」


と、店主の園部さんに訴えて大喜びしてしまったぜ!!!

園部さんと自分の好みが同じってことも嬉しかったし、

もう7~8年前に買ったものが、hagiさんでも我が家でも現役でいるってこと、

あのプレートの仲間がこちらに~という感動。あれこれあれこれ。


まさかまさか、在店をするだけで色んな時代の思い出に触れることができるなんて、

私たちをも、もてなしてくださるhagiさんなのでありました。


そんな素敵なhagiさんでの個展は13日まで。

多少ご遠方からでも訪れた甲斐があったなぁーと思える素敵なお店です。

いま個展で展示している器もまぁまぁええみたいよ♪


■ 個展 「竹口 要 陶展」 13日まで(火・水休み)

 CAFE GALLERY hagi (名古屋)






■ 
次の予定
 ●3月22日(水)~28日(火)

  企画展 「『工房からの風』から」


  伊勢丹新宿本店 (東京)

  
(こちらでは自然にまつわる展示となり、我が家はゴールド(果)とグレー(曇)の作品を出品します。
    こちらも在廊はナシです)




-utsuwa kobako- hagiさんに行くと癒されるとおっしゃる方ばかりですが、空間以外にお人柄が大きいと思うツマ。