So-net無料ブログ作成

セルドが生まれる。 [セルド(ブタ)]

セルドはオブジェであって生活に役立つものではないのに、えらく高級品だ。
可愛く仕上げるために手間が掛かるからって、けっこう生意気だ。

でも夫の手でつくりだされる、あの丸み。ぷっくり感。
夫はもしかしたら天才かも知れない。と、年に2回くらい思うことがある。


15056700_1821823624698198_4891804309458518016_n(1).jpg

ピントが合ってねーじゃねーかよー
尻尾が生まれる瞬間、ちゃんと撮ってくれよー


15101605_1810115919227693_5602313645359890432_n.jpg

ご主人様の手で、やっと丸まったわー。ホッとしたわー

15099373_858976084245102_8690262846191173632_n.jpg

何やー、見るなやー





15043780_1268812339860886_8824250196440383488_n(1).jpg

そして強制的に整列。おまえに自由などない。


■企画展
 
 11月30日~12月25日
 「Christmas Exhibition 森の国から」 
gallery-mamma mia (滋賀)


 12月9日~11日
 「Christmas Exhibition」
 
Qupu Qupu (大阪)



-utsuwa kobako- 命が注がれてゆく過程をお送りしましたツマ。

タマには褒めてやろうじゃないか。 [日々のこと]

先日夫と

「人間、自分にないものを持っている人に惹かれるのかなー」

という話になり、ワタクシも夫に対しての感動があったことを思い出しました。

14533558_648728035288279_7054268429724811264_n.jpg
夫と出会った頃、
その繊細かつ薄造りな作風から勝手に

「この人は相当神経質そう


と勝手な印象を持っていた私でした(←実際は、仕事以外は大変に大らかでもあるしいい加減でもある)

知り合って数年し、ご飯に行く機会があった時に以下の発言がありました。


「おれ、アトピーがあるから痒くって~


彼はこの薄汚れちまった世の中に、そんな言葉を放ったのです。
猛烈に感動したことを、冒頭の会話の時に思い出しました。

後々になって当時のことを尋ねると

「先に自分のあかんとこを知って貰ってた方がええやろ?」。

なるほど~。
15048148_1827683227488335_3935204183698833408_n.jpg



私なら、コンプレックスはできるだけ隠したい。
若しくは安全な相手や場所でしか言いたくない。
けれど彼は、初めてゆっくり話したその日にそれを言った。
本当の強さとは、こういうことではないか。

自分を大きく見せようとしたりカッコつけたり
自分自身がそうすることも、そうしている人も
どうしてか苦手な私にとって夫は、とても気持ちが良く信頼できる人でした。



それは物づくりにも通じていて、先に使い勝手の悪い面や
ゴールドは使い込む過程でまだらになることもあるなど、
必ずお伝えするよう何度も何度も言われております。


また、器そのものでいうと高台でしょうか。
表を綺麗に制作するのは当然ですが、彼は裏側や高台へのこだわりが強い。


14718384_612891882216891_6313946785224065024_n.jpg
(とか言いながら、裏側の写真はない・・・ごめん・・・)


知り合い程度の間柄だったころ、何となく購入した一品物のプレートをひっくり返した時、
あまりの美しさに

「これはスゴイ。心底感動しました。表から裏まで、全てが竹口さんです」

そう感想を送ったことも同時に思い出しました。
今思えば、何と素晴らしい賛辞を贈るワタクシなのでしょうか。
「一枚のプレートに彼の人柄全てが凝縮された、唯一無二のもの」と表現したかったのです。
このセンス、誰より素晴らしいのはワタクシなのではないのでしょうか。(はい、そうです。)


本当になんてことないお皿です。
今度、写真をアップしようと思います。



彼の一番の良さは、裏表がないところ(目立たないからと手抜きしないところ)。
と、私は思っております。

と、昨日アップしたつもりが間違って下書きになっていましたので本日アップ致します。


■企画展
 
 11月30日~12月25日
 「Christmas Exhibition 森の国から」 
  gallery-mamma mia (滋賀)


 12月9日~11日
 「Christmas Exhibition」
 Qupu Qupu (大阪)



-utsuwa kobako- いい夫婦の日に相応しい記事。今日は逃げ恥たのしみだツマ。



麻木久仁子さんのインスタグラムに。 [器のはなし]

本日は写真をご覧頂くのにリンク先に行って頂く、というひと手間掛かる構成でございます。
ご面倒をお掛けして申し訳ございませぬ・・・。
でもステキなのでぜひぜひに♪

あ、その前に一枚。
↓ こちらの写真は、我が家の工房があるヘムスロイド村。紅葉してきました~。
14550073_1264474683573513_4809708573690953728_n.jpg
さて本題でございます。

麻木久仁子さんのインスタグラム。
ある日のpostに見覚えのある器が・・・。
それがこちらでした → 
ゴールドのオーバルプレート、サイズはMではないかしら。

今は「
♯竹口要」と入っていますが、見付けたときはナシ。
念の為本人に確認して貰うと

「オレのやなー」。

それ以降、カップのpostもあったり → 
ラトンのMサイズかな。こちらもゴールドでした。

またまたオーバルを使って頂いたり → 



麻木さんの盛り付け方や器遣い、
気取ってなくてさり気なくて、とてもステキだと思う!

さらに「薬膳料理」というのもとても興味があり、ずっと拝見していました。
夫のを使って下さる方を探していた訳ではなく、
好きでずっと見ていた方がたまたま使って下さった・・・これ、私にとって重要項目♪



皆様もよろしかったらぜひ。
麻木さんのインスタグラム → 





-utsuwa kobako- 麻木さんのインスタとと同じくらい「逃げ恥」を何度も観て悶絶しているツマ。


終わりなき旅に終止符。 [器のはなし]

土曜日、灯しびとの会場でお声を掛けてくださった皆様、
予想外に能面で申し訳ございませんでした・・・
ゆっくりお話したい気持ち358%、しかし、どんどんワタクシの手元にたまってゆくお菓子・・・、
ようこそ能面女\(^o^)/

PB177623azzza.jpg
(これはマンマミーアのリンゴタルトでございます)


マンマミーアのスタッフに友達が居るのですが、その子が言うには

「お客さんの多さが去年までと全然ちがう・・・」

とのことで、みるみる内にお菓子がなくなり午後1時頃にはワタクシ、さよならしました。

お昼ご飯にとオーナーの川端さんのお母様お手製のお弁当まで頂いてしまいました。
夫の分まで・・・。
あぁ、大仙公園の芝生で食べるお弁当、美味しかったなぁー。
本来 屋外イベントってあんな風に楽しむものなのねぇ(キラキラ、キラキラ)。

川端さん、みあさんありがとうございます。

また、能面女に差し入れまで下さった常連の皆様、
わざわざテントにまで来て下さった皆様、
何とお礼を申し上げて良いのやらでございます。

PB167613zzza.jpg
(今回は夫が1時間並んで森のおはぎを買ってきてくれました。美味。)


さてさて、現在納品を一年半以上お待たせしてしまっている我が家でございます。
一つ一つの商品に主人の全力120%を掛ける必要があることやら
ヘムスロイドの杜まつり実行委員代表をしていたり (来年は副代表だぜっ♪)、
ありがたいことにご注文が重なったり (もう本当にありがとうございます、心から)、
納期がこんなにも遠い未来になるにはあれやこれや理由はございます。

そこで夫が「これじゃいけない」と悩んだ末、終わりなき旅に終止符を打つことを決意いたしました。



定番商品を大幅に減らします。


とはいえ、まだ2年近く先の納品がございますのでお取引先のお店や
ネットなどでご注文は頂けると思います。
また、個展やイベントなどでは従来通りご購入頂けるものもございます。

P1206092zz.jpg
(こういうの、定番外にナルアルネ)




ワタクシの妄想。時は数年後。

「あ、あの~、納期はやはり2年近いのでしょうか?」

「あらっ。宅が3か月以内に納品できるシステムを開発しましたのよ、おーっほっほっ」

なーんて、堂々と言える日が来ると良いです。
そして一生に一度くらいは昔ドラマのセリフにあった「宅」という単語を使ってみたいですっ。
「宅」は、意地悪マダム風に言うのがポイントです、たぶん。


もうこれで大丈夫です、精進します、邁進します、馬車馬です。夫が。

今後ともどうぞよろしくお願い致します。


-utsuwa kobako- 12月25日は何の日?クリスマス?違うよハセベの結婚式だよ。しーん。ツマ。

灯しびとの集いに。 [屋外クラフトイベント]

本日はお知らせでございます。

今週末、大阪・堺市で開催される「灯しびとの集い」に
ワタクシもお手伝いで参加することになりました。

灯しびとの集いHP → 

PB167610zzza.jpg
(「灯しびと」と言えば「森のおはぎ」。毎年「作家なんて目じゃないぜ」ばりに開店前からの大行列)


こちら、一昨年、昨年と二年連続で出展していたイベントです。
ええ、あの1~2時間連続スクワット状態だった、
あのイベントでございます\(゜ロ\)(/ロ゜)/

*1~2時間連続スクワットとは・・・
 会計担当のワタクシの足元に商品を入れる紙袋があり、
 それを取るためにしゃがんだり立ったりを延々繰り返す神聖なる儀式のこと

12295368_901648319955485_2235297507967165339_n.jpg
(昨年の様子。お友達と常連さんが居るのを今発見!!)

イベントに参加する際は

①その1か月前から睡眠時間が極端に減る(3時間~徐々に徹夜になる、イェーイ♪)
②当日の過酷なスクワット

による素晴らしき後遺症のため、終わった翌日から一週間は使いものになりません♪

そしてブ○ジャーを誤って二枚重ねで着けてみたり(←若干苦しい)
毛パンを二枚重ねで穿いてみたり(←若干分厚い)
買って来たエノキを袋ごと冷凍室に入れてみたり(←若干固い)
の、奇行を繰り返すこととなる訳でございます。

しかし今年はこちらの出展がないので気持ちは既にのんびりモード。
(夫は相変わらず仕事&あらゆるプレッシャーにつき、体調崩す→ざまーみろ→そして復活)


それでは、何のジャンルで参加するのか。
毎年食品部門で「パティスリー・ミア」さんが出展されています。
今回はそちらのお手伝いの依頼があり、
1日目の土曜日だけですがワタクシも参加することになりました。
やったね!
行かれるお客さま、沢山いらっしゃると思いますので
もしお気づきであれば、ぜひお声を掛けて頂ければ嬉しいです~(^O^)/

ギャラリーマンマミーア & パティスリーミア HP → 

PB177622zzz.jpg
(昨年、イベント中に頂いたパティスリー・ミアのタルトたち)

パティスリー・ミアは全国的にも大人気で、千葉の「工房からの風」にもレモンのお菓子を出されてました。
もう何もかもが本当に優しくて美味しいので、全世界にオススメしたいです♪
我が家から車で10分ちょっと。これ、何よりの自慢(*^_^*)
・・・他に自慢になるようなことが一つもありません。残念です。



それでは秋の前方後円墳周辺でお会いできることを楽しみにしております!
(灯しびとの会場は仁徳陵の傍♪ 観光がてらぜひどうぞ)


-utsuwa kobako- みあさんのお手伝いしながら商品をつまみ食いしていたらすみませんツマ。


何度目かの。 [日々のこと]

昨日は結婚式記念日、本日は入籍記念日な我々でございます。
どうも。


えー、昨日は夫婦水入らずで盛大に御祝♪











なんてする訳がなーーーーい!


夫、何と体調不良!!
先日の撮影時、なかなかパンチの効いた寒さでありましたが
彼の薄着にはそれが超効果的だったようです。
あの写真の時はピンマイクをつけてまるで芸能人のようでございました。

IMG_0288.JPG
(この時)

一通り終え、次は作業風景の撮影となった段階で



先方「では、次は工房に行きましょうか?車での移動ですか?」

夫 「(??? これ以外に工房って・・・?)えーーーーっと工房はここですが・・・」

先方「綺麗すぎて工房だとわかりませんでした!こんなに綺麗な作業場は初めてです」



はい。夫、かなり几帳面で綺麗好きなのです。
場が乱れていると効率が悪くなるし、気分的にもスッキリしないということで。
ワタクシも夫と知り合い段階の頃は、作品からも

「この人、ぜーーーーったいに神経質に違いないっ」

と思っておりました。
が、それはあくまで仕事上のみでございました・・・。

14033614_1123384487735819_683619580_n.jpg
(仕事のみ・・・。素焼き後のマメサラたち)



家庭では・・・先日 扇風機を片付けようとしてい
ました。
私は真夏以外全然使っておらず、
暑がりの夫がお風呂上りに利用していたので10月頃まで出していたのです。
それを、そのまーんま倉庫に持って行こうとするのですよ。
いや、拭くなり洗うなりしようよ。


私 「それ、まだ綺麗にしてないで」

夫 「え、せなあかん?」


当たり前じゃーーーーー!!!!


夫 「また来年使う時に拭いたらそれでええんちゃうん?」

私 「それ、誰がするん?」

夫 「オレはせえへんな♪」

私 「・・・」



またある時はコンパクトにたたんでいたトートバッグに荷物を詰める為に
取っ手を左右に開きました。ここまでは普通。
次に、な、何と・・・!!!

バッグの中に片足を突っ込んでマチ部分を開いていました。

「・・・そ、そんな開け方ってあるの?」


ワタクシあまりにびっくりしてそんな風に素朴な疑問を投げかけましたところ
彼は


「うん!」


と平然と答えました。 ・・・え。



こんな素晴らしいステキすぎる夫との結婚生活、5年目に突入しました。
あれ?4年目やったかな?
忘れましたが今後ともどうぞよろしくお願い致します。

-utsuwa kobako- 今年も新婚旅行には行けなかったような気がするツマ。
                        そして牛乳などを口飲みしないだけまだいいと思うツマ。